30代後半のからの転職活動

30代後半の転職活動ってホントに不安ですよね。
ネットで情報収集しても、失敗談ばかり。
会社辞めるぞ!って気持ちにブレーキをかけてしまいます。
失敗談
・給与が前職から100万円/年減った。

・会社辞めたけど、就職活動に時間がかかり貯金を切りくずしてしまった。

もちろんうまくいく人もいるんだろうけど、そその時れは希少なスキルを持っている人だけ。
一般のサラリーマンはきっと苦労するんだろう というのが多くの人が思うところだと思います。
やっとのことで転職したのに、
「こんなはずではなかった!!」
こんな思いだけはしたくないので、転職活動をする上で知っておくべきこと、準備すべきことをまとめました。

35歳転職限界説の心理的壁

30代後半で転職を始めようと情報収集すると必ず出てくる「35歳転職限界説」という言葉。
定説の様に言われてきました。35歳になる前に転職をしないと、もう転職する事は難しくなる。
確かに、未経験業種や職種にかぎってはこういうことが言えるようです。

・同じ未経験なら将来性が期待でき給与が低い20代を採用したいと企業は考える。

・同じ30代後半なら即戦力となる人材が欲しい。

では、30代後半はキャリアチェンジできないのかというとそうではありません。
20代より厳しいのは間違いありませんが、熱意があればキャリアチェンジも可能です。
僕の友人で、未経験から保険会社のアクチュアリ(保険や年金の適正な掛け金や支払い金を計算を用いて決定する人)
に転職した人がいます。とてもハードルの高い職種なので、本人も猛勉強してました。
「35歳転職限界説」のような定説を前にすると、うまくいかないんじゃないか なんてネガティブな気持ちになります。
でも大丈夫です。経験職なら30代後半でも(40代でも)結構求人はあるんです。

経験職なら求人は結構ある

僕が現職を退職しても問題ないなと思ったのは、実際転職活動を始めたときに、経験職であれば30代後半でも求人はたくさんあるって思えたことです。
試しに転職エージェント等に登録してみてください。ひっきりなしにスカウトメールが来るのがわかります。
確かに、スカウト側も手当たり次第にメールをしたりしまので、これが求人がたくさんあるってことと直結しないかもしれません。
でもそのスカウトメールに対して応募しまくれば、いくつかは面接まで進めるはずです。
その会社に行きたいかどうかはとりあえず置いておいて、前職と同じ職種であれば、いつでも転職できるんだ。
という気持ちがあると、退職するのも、転職活動するのも 少し気持ちが楽になりますよね。

まとめ

30代後半の転職は
未経験職種だと結構厳しいけど、熱意があればどうにでもなる。
経験があれば、意外とどうにでもなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました